子犬と成犬の大まかな体重をご紹介。

中型犬?大型犬?と疑問に思われるほど個体差が大きいボーダーコリー。

子犬の時は特に心配になりますよね。大切な愛犬、ボーダーコリーの体重について一緒に考えてみましょう。

成犬のボーダーコリーの標準的な体重は?

cc1845615f279f42b465e4f4145f8266_m

ボーダーコリーの成犬の体重は

13㎏~21㎏

ほどで、個体差が大きいです。

 

基本的にメスはオスに比べて

大きさも、体重も少なめです。

 

13㎏~21㎏に当てはまらなく

少し軽くても、少し重くても

気にしなくても大丈夫です。

 

便の調子や体調が

見るからに悪そうな場合は別ですが。

 

それでも心配!っと思う方は

人と同じように考えてみてください。

成人で140㎝の小柄な女性もいれば

同じ成人女性で

180㎝の女子バレーボール選手もいますよね。

それと同じです。

大きさや体重は個性です。



子犬のボーダーコリーの体重は?

子犬の体重も成犬同様

個体差が大きくでてきます。

骨格の違いにより体重変化も

そのボーダーコリーによって

大きく変わってきます。

 

4ヶ月で10㎏を超える子もいれば、

6ヶ月でも、まだ10㎏いかない子もいます。

基本的に

生まれてから8ヶ月くらいまでは

体重はどんどん増えていきます。

 

そして

1歳を過ぎるころになると

ほとんど体重が変わらなくなります。

 

なぜなら、ボーダーコリーは

1歳あたりから成犬の仲間入りとなるからです。

骨格、筋肉、内臓機能が確立されてくるため

体重の変化がなくなってくるのです。

 

しかし

人間でいう15歳程度。

中身はまだまだやんちゃな子供です。

 

それでも心配!本当にうちのボーダーコリーの体重は軽すぎない?重すぎない?

 

子犬には1日3回程度餌を与えていますか?

おやつをあげすぎてたりしていませんか?

 

便の調子は柔らかかったり

硬かったりしていませんか?

 

餌をあげすぎの場合は便が柔らかく

少なすぎの場合は硬くなります。

 

しっかり餌を与え

便や体調に問題なく

元気にしているのであれば問題ありません。

 

子犬なのになかなか体重が増えなかったり

極端に小さい場合は

病気の可能性もあるので病院で診てもらいましょう。