ボーダーコリーの顔の模様のつき方に、様々な名前が付けられていることをご存知ですか?

その模様の種類から、人気の模様のつき方までご紹介。

あなたはどんな模様が好きですか?

ブレーズ?ボーダーコリーの顔の模様に名前があった!

border-collie-337451_1280

ボーダーコリーによく見られる、

鼻のあたりから

両目の間を通る白い線を

ブレーズといいます。

 

コーギーやキャバリアにもよく見られますよね。

それもブレーズです。

 

よく見かけることも多いですが、

名前はなかなか聞くことはないと思います。

この機会に覚えておきましょう。

 

ちなみに犬に限らず、

牛や馬の顔の白いぶちもブレーズと呼ぶこともあるそうですよ。



ボーダーコリーのブレーズ、顔の模様にはどんな種類があるの?

 

左右対称のブレーズの他にも

いろいろな種類があり、名前がつけられています。

 

面ズレ

鼻から頭部に伸びるブレーズが鼻の中心を通っておらず、左右非対称の状態。

 

ガングロ

鼻の部分だけ白かったり

顔全体が真っ黒だったりと、ブレーズがない状態。

 

パンダ

鼻の中心を通ったブレーズが太くい状態。

目、耳の部分だけ色がついているように見え

パンダに見えるらしいですが

それほどパンダに見えない気がします。

 

ハーフホワイトフェイス

ブレーズなのかよくわからないほど

顔の左右どちらか半分だけ白い状態。

 

ホワイトフェイス

顔のほとんどが白い状態。

 

 

ハーフホワイトフェイス、ホワイトフェイスまで顔が白いと

ボーダーコリーをよく知らない人から

何の犬!?って思われてしまいそうですね。

 

でもそれもいい!

 

ブレーズ。ボーダーコリーで人気の種類は?

 

頭の中央ほどで切れている

左右対称の太目のブレーズが人気です。

 

ブレーズが太いと

優しく、さわやかな印象になりますから。

 

逆に、細めのブレーズは

かっこよく見えます。

 

個人的には、ハーフホワイトフェイスは

個性が強いような気がして好きですけどね。

 

結局は人の好みの問題なので

どれがいい悪いということはないです。

 

ドッグショーに出すなら別ですが。

 

なんだかんだボーダーコリーを飼い始めると

その子のブレーズを好きになってしまうと思いますよ。