ボーダーコリーの目の色は基本茶褐色。

でも愛犬はブルーアイ。なんでブルーアイになったの?

成長するにつれ目の色が変わったんだけど大丈夫?そんな心配を解消します。

ボーダーコリーの目には何色があるの?ブルーアイは正常?

border-collie-1241125_1920

 

ボーダーコリーによくみられる目の色は

茶褐色です。

 

茶褐色でも黒っぽいなどといった多少の差はありますが。

 

その他に、ブルーアイと言われる青い目

片目だけ色が違うバイアイ

 

珍しいところだと青白く明るい青

もしくは青との斑がある目の

ウォールアイ

(チャイナアイ、パールアイ、フィッシュアイ

と呼ばれることもある)

 

猫でよくみられる強い黄色のアンバーなどがあります。

 

 

ボーダーコリーの特に特殊な目の色は

毛色の遺伝が関係してくるので

ブラック&ホワイト以外の毛色に出ることが多いです。

 

ブルーアイはブルーマールなどの

〇〇マールに多く見られますが、どの毛色でも見られます。

 

遺伝により、時には珍しい目の色を持った

ボーダーコリーが生まれることもあります。



ボーダーコリーの目の色、ブルーアイってよくないの?

 

ブルーアイに限らず、茶褐色以外の目の色は

茶褐色の目の色のボーダーコリーより

視覚障害を持って生まれてしまう子が多いです。

 

子犬のときは問題がなくても

成長するにつれ問題が出てきてしまう子もいます。

 

ですが、多いからと言って

必ずしも視覚に問題があるわけではありませんのでご安心ください。

 

目の色が特殊でも

一生涯問題なく過ごしてきたボーダーコリーもたくさんいます。

 

但し

特殊な目の色のボーダーコリー同士で

交配させるのだけは避けましょう

 

障害を持った子犬が産まれてきてしまう確率が上がります。

 

ボーダーコリーの子犬の目の色がブルーアイから変色してきたんだけど、大丈夫?

 

子犬が成長するにつれ

目の色が変わることはまれにあることです。

 

心配しなくても大丈夫です。

 

目の色が正常に変わっているのであれば問題ありませんが

黒目が白くなってきた

白目が黄色くなってきた

腫れたように見える

充血している

 

といった場合は病気なので、すぐに病院で診てもらいましょう。