よく見てあげて!本当に犬が寒そうにしている?

dogs-608026_1280

 

寒さが厳しい冬。

人は厚手のコートを羽織り、防寒対策しますよね。

 

自分が寒いから犬も寒いだろうと思って

服を着せたりしていませんか?

 

震えていたり

水をほとんど飲まなかったり

丸くなってうごかなかったりすると

寒がっていると思っていいでしょう。

 

そのような様子がみられないとしたら寒くない証拠です。

 

寒さが厳しい地方が原産地の

ボーダーコリーにとって

冬の寒さは辛くありません。

 

なので犬用の服は必要ないといえます。

 

冬でも、毛の多いボーダーリーにとって服は

暑く感じてしまうこともあります。

 

 

また、服を着せることにより

静電気が起き、皮膚を痛めてしまう場合もあります。

 

ボーダーコリーには服は不要と言えますが

防寒対策が必要な犬もいることを忘れないでください。

 

南方が原産地の犬や、短毛の犬、そして小型犬に多いです。

 

チワワ、ミニチュアピンシャーなどの犬種にあたります。

 

犬にもとっても悪影響。気を付けなければならない冬の寒暖差

 

人間は、室内を快適にするために冬場は暖房を使います。

 

その時にできる室内と屋外の寒暖差

この寒暖差は体に悪いと言いますよね。

 

これは、犬にも同じことが言えます。

 

急激な寒暖の変化は

人以上に犬の体にダメージを与えます

 

外に出るときは暖房が効いていない部屋に徐々に移動する

などして、工夫をしてあげてください。

 

 

ボーダーコリーは冬の寒さに強いと言いましたが

子犬の時や、老犬は例外です。

 

お散歩に出かけるときは

暖かい昼間のうちに行き

寒そうにしていないか様子をよく見てあげてください。