ボーダーコリーは賢いから覚えがいい!は間違い

ボーダーコリーは人に指示されるのが大好きです!
教えれば教えるだけどんどん吸収するボーダーコリーは本当に賢い犬種です。

しかし、その賢さのせいで、しつけがうまくいかないこともあります。

主人のことをなめていたりすると、手を抜くことを覚えたり、全く言うことを聞いてくれないこともあります。

まずは信頼関係と、主従関係をしっかり築くことが大切です。

 

ボーダーコリーのほめ方の基本

border-collie-1167897_1280

ほめる言葉を統一しておきましょう。
「よしよし」「お利口」など。

何もしつけができていない初めの時は、餌を与えながらほめてあげるのがいいと思います。

また牧羊犬であるため、何かを追いかけたり、走り回るのが大好きです。
そのためボール遊びやが大好きなボーダーコリーは多いでしょう。

餌だけでなく、ボール遊びなどといった運動もうまく利用するといいです。

いろんなことを覚えていくと、指示して動くのが当たり前になってしまい、ほめることを忘れてしまいがちです。

ほめられるのがうれしくて指示に従っているので、たとえ小さなことでも忘れずほめてあげて下さい。

 

しつけでこれはやってはいけない!ボーダーコリーの叱り方

絶対やってはいけないのが叱るときに名前で叱ることです。

例えばポチという名前の犬を「コラ!!ポチ!!!」
と叱ると、「ポチって言葉は悪いことをした時の言葉なんだ」と思ってしまいます。

ほめ方と同様、叱り方も言葉を統一しておきましょう