ボーダーコリーを含め、すべての犬にかかる可能性がある病気の種類や、その病気にかかったことによって出始める症状を説明します。これを読んで自分の愛犬に同じような症状が出ている場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

犬の病気が悪化する前に知っていてほしいこと

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_m

犬は、人のようにどこが痛いとか調子が悪いといったことを伝えることができません。

常に愛犬の状態を確認し、いつもと違う様子が少しでもあったら、迷わず動物病院へ連れて行ってください。
迷いが、大切な愛犬の病気を悪化させます。

 

ボーダーコリーを含め、犬がかかる病気はどんな種類があるの?

病名と症状を順番に説明していきます。

 

〇狂犬病
狂犬病ウイルスに感染している動物に噛まれることによって感染。人を含めたすべての哺乳類に感染し、発症するとほぼ100%で死に至る。感染した犬は、狂暴になり異常行動を起こす。最後は体が動かなっていき、衰弱して死に至る。

〇ジステンパー
狂犬病に続いて危険な感染症。せきやくしゃみなどの飛沫により感染。発熱・鼻水・下痢・嘔吐・食欲の低下・目ヤニなど風邪と似たような症状。進行すると神経まで侵され、死に至る。

〇パルボウィルス
他の犬や嘔吐物から感染。激しい嘔吐、下痢を繰り返し、脱水症状になる。感染力が非常に強いウイルスで、子犬が感染すると高い確率で死に至る。




〇犬伝染性肝炎
病気の程度は様々。発熱や鼻水程度で収まる場合もあるが、重い場合は肝機能不全などになり、子犬の死亡率は高い。犬の唾液や尿、また汚染された食器などを使うことによっても感染する。

〇パラインフルエンザ・ウイルス
激しい咳が特徴の病気。悪化し、元気がなくなると合併症が加わって死亡することもある。咳やくしゃみなどの飛沫で感染するため、訓練施設などの犬が多く集まる場所で感染しやすい。

〇レプストピラ症
感染しても、症状が現れにくく、自然治癒することもある。しかし、進行すると発熱・血便・結膜の炎症・嘔吐・下痢などが見られ、死に至ることもある。ネズミを媒介とした細菌感染で、人にもうつる病気。

〇フィラリア症
感染犬の血を吸った蚊が他の犬を刺すことで感染。初期はかるい咳程度の症状だが徐々に心臓に負担がかかってくる。次第に痩せ衰えて死に至る。

 

これらの病気にかかる可能性がどの犬にもあります。

 

犬の病気にはどんな予防策があるの?

上記で説明したフィラリア症以外の病気は、ワクチンを接種することにより、未然に防ぐことができます。

狂犬病は狂犬病予防接種というものがありますが、そのほかの病気に対しては混合ワクチンというものを接種します。
混合ワクチンはどこまで予防するのかという種類があるものです。

>>犬のワクチンについてはコチラのページで詳しく書いています。

フィラリア症はワクチン接種ではなく、飲み薬で予防できます。

>>フィラリア予防についてはコチラのページの終わりで詳しく書いています。

大切な愛犬を守るために、病気を予防することは当たり前です。