コリーアイなどといったボーダーコリーのかかりやすい病気を解説。

遺伝性の病気もお家で簡単検査も可能!

病気の症状、予防法や治療法など。大切なボーダーコリーの為にも、早期発見で早めの対応を。

目の病気も早期発見が大切!ボーダーコリーのチェックするところ

dog-1072562_1920

 

健康的なボーダーコリーの目には輝きがあり

好奇心と力強さを感じられるとってもかわいい目ですよね。

 

そんなかわいらしい目に異常がおきていないか

毎日確認してください。

 

病気の可能性があるボーダーコリーの目には

 

目がぼんやりしている

輝きがなく眼球が乾いている

涙が多い

目ヤニが多い

目の腫れ

充血

 

などという症状が出ます。

 

また、前足で目をこするといった行為も

目がかゆいということなので

しきりに目をこするようでしたら病気を疑ってください。

 

目に異常を感じたら、ボーダーコリーの目を開かせ

白目の部分が黄色くなっていないか

黒目が白っぽくなっていないかも確認し

病院に連れていきましょう。




ボーダーコリーがかかりやすい目の病気ってなに?

ボーダーコリーのかかりやすいといわれている目の病気を紹介します。

 

〇コリー・アイ(コリー眼異常/CEA)

常染色体の劣性遺伝による遺伝の病気です。

ボーダーコリー以外にもシェットランドシープドッグ

コリー、オーストラリアンシェパードが

かかりやすい病気とされています。

 

初期症状として毛細血管の蛇行がおこりますが

これは一般の人にはわかりません。

 

ボーダーコリーが歩きたがらなかったり

ものにぶつかるようなことがあれば、コリー・アイを疑ってください。

 

症状の重さは様々で、重症なものだと失明につながります。

 

ほとんどのボーダーコリーは生後1年以内に発症します。

遺伝性の病気のため、残念ながら予防方法はありません。

 

〇中心性進行性網膜萎縮

こちらもコリー・アイと同様で、遺伝性の病気です。

白内障を併発する可能性もあります。

光を受ける機能が委縮してしまうので、始めは光が入らない暗い場所を嫌います。

 

進行の速さや発症の時期は様々ですが、最終的には失明することがほとんどです。

中心性進行性網膜萎縮も予防できません。

 

ケガをしないように、家の中を工夫してあげてください。

 

〇水晶体脱臼

眼球のレンズである水晶体がズレてしまう病気です。

角膜がむくんだり、水晶体が小刻みに揺れる症状が出ます。

 

水晶体脱臼の原因には、先天性のものと

外傷などによる後天性の2つあります。

 

放っておくと、痛みが出て

緑内障などの合併症になってしまうこともあります。

 

状態によっては、一日一回目薬をさすことで

悪化を防ぐことができます。

 

それが通用しない場合は

水晶体、または眼球の摘出手術をしなければならなくなります。

 

ボーダーコリーのかかりやすい病気は目だけではありません。

目以外にもボーダーコリーのかかりやすい病気がいくつかあります。

 

そういった遺伝性疾患検査を

病院に行かなくても簡単にできるものもあります!!

>>お家で簡単!ボーダーコリーの遺伝性疾患も検査できる【遺伝子検査キット】

 

大切な家族だからこそ

もしもの時にすぐに対応できるように

一度検査しておくのがいいと思います。