犬が起こす皮膚の病気を説明。原因や治療法、予防策などをご紹介します。

放っておくと自身でかいたり噛んだりして悪化します。

ボーダーコリーはアトピーやアレルギーなどで皮膚のトラブルが起こりやすい犬種です。

早めに対策をしておきましょう。

border-collie-1305682_1280

ボーダーコリーがおこしやすい皮膚のトラブル

 

〇毛包虫(もうほうちゅう)

毛包や皮脂腺に毛包虫が寄生し、炎症を起こす病気です。

皮膚がただれ、あかくなり脱毛することもあります。

 

生まれてすぐ、母親の体から毛包虫が

子犬に移動することが多いです。

また、免疫力が低下することにより寄生されることもあります。

 

子犬の場合、2ヶ月ほどで自然治癒するのですが

成犬の場合は殺虫効果のある飲み薬でよくなります。

 

〇膿皮症

犬の体中に普通に存在している細菌が原因で起こる病気です。

普段は害はありませんが、犬の皮膚はとても繊細です。

この細菌のバランスが崩れることで

容易に膿皮症を起こす可能性があります。

膿皮症は皮膚の表面だけでなく、皮下組織にも起こります。

その箇所や症状によってさらに様々な病気に分けられます。

 

皮膚の表面の場合は直接皮膚に薬をつけて治療しますが

皮膚の深いところは薬を投与して治療します。

その他にも治療法はあります。

 

〇マラセチア

マラセチアとは、犬の体中に普通に存在しているカビです。

普段は害はありません。

 

菌が増殖することにより外耳炎や

皮膚炎をおこします。

 

垂れている耳の下に湿気や

汚れがたまりやすく菌が増殖します。

また、シャンプー後の毛の生乾きも原因になります。

 

アレルギーやアトピー体質の子は

もともと皮膚が弱く

マラセチアによる皮膚炎をおこしやすくなります。

 

ボーダーコリーは冒頭でも書いたように

アトピーやアレルギーが現れやすいので要注意です。

 

治療は、生活習慣を改善することから始めましょう。

外耳炎は点耳薬で治療します。

 

〇疥癬(かいせん)

皮膚にダニが寄生して炎症を起こす病気です。

他の犬とのブラシの共用などで感染します。

主な症状は発心、フケ、かゆみです。人にも感染します。

 

また、耳介ひっかき反射という反応がでます。

 

耳介ひっかき反射とは

人の指で耳のうすいところをこすると

反射的に後ろ足でかきはじめることです。

 

これは疥癬が感染したほとんどの犬に見られます。

 

症状が出たら直接皮膚に薬をつけたり

薬を投与して治療します。




犬がかゆい部分を噛んだり

引っかいたりするとさらに炎症が悪化してしまいます。

 

ボーダーコリーの皮膚に違和感を感じたら

早めに病院にかかるようにしてください。

 

皮膚トラブルがおこらないためにする為のボーダーコリーのケア方法

 

最も大切なことは

部屋を清潔に保つことです。

 

ボーダーコリーのケアについては

ブラッシングをこまめにして

毛の間の湿気を逃がしましょう。

 

垂れ耳のボーダーコリーは耳の下を綺麗にしたり

耳の中を綺麗にしておくことも大切です。

 

シャンプーは月1、2回程度

しっかり乾かすことを忘れないでください。

 

シャンプーは皮膚を清潔に保つことで必要なことですが

やりすぎは逆に皮膚を傷めます。

 

そして、ストレスにより、皮膚トラブルが起こることもあります。

ストレスは免疫力を落としかねません。

 

ボーダーコリーがストレスを感じないようになっていますか?

普段の生活を考えてみてください。

 

ボーダーコリーの皮膚トラブルに犬の化粧水が効果的!

もともと皮膚が弱かったり、

フケがきになるボーダーコリーや

体から嫌な臭いがするボーダーコリーにも

化粧水をオススメします。

 

犬に化粧水!?

って違和感あるかもしれませんが

実はこれが効果抜群!!

 

現在皮膚にトラブルがないボーダーコリーでも

常にきれいで健康的なお肌にしておくと

病気になりにくくなりますよ♩

 

>>ボーダーコリーの皮膚トラブルにも効果的!犬用化粧水【AVANCE(アヴァンス)】

↑↑私が愛犬に使っていたものはこういうものです。

 

一度使ってみて様子を見るのもいいとおもいます♪