犬の爪切りどうしていますか?自宅で簡単にできる爪切り方法から、爪切りのとき暴れてしまう犬の対処法もご紹介。爪切りをしないで放っておくと伸びて、最終的にはどうなってしまうか知っていますか?

fe25bc90eb420d31474350a8ebd5f5fd_l

犬の爪切りって必要?放っておくとどうなるの?

爪切りを放っておくとどうなるか想像してみてください。
簡単に想像できるのは、犬が歩きにくくなるだろうなーとか、フローリングが傷つきそうって感じですかね?

しかし、それだけではないんです!
爪が伸びすぎるとまるまってきてしまい、最終的には爪が肉球に刺さってしまうなんてことも起きてしまいます。

カーペットのお宅では爪がカーペットに引っかかってしまったり、そのせいで足を痛めてしまったりなどのケガをする可能性もああるのです。

そんな事故を起こさないために、定期的な爪切りが必要になってきます。




自宅で簡単にできる!犬の爪切りのやり方。

まず、犬の爪切りの為に必要なものをそろえておきましょう。
・犬用の爪切り(初心者はよく切れるギロチン式のものがオススメ)
・止血剤(クイックストップ)

切れが悪い爪切りを使うと、爪を割ってしまったり、時間がかかって犬のストレスになります。
止血剤は血が出てきてしまった時の場合にすぐに使えるようにしておいてください。

次に、どれくらい切るかです。
犬の爪には血管が通っています。その血管まで切ってしまうと、血が噴き出てしまうので注意してください。

あたなの犬の爪は地面についていますか?
地面についていない爪なら切る必要はありません。
地面についている場合、つかない程度に切ればいいだけです。

自宅で爪切りをして、出血してしまい、痛い思いをさせてしまったなんて話はよく聞きます。

ネットで調べると、血管の手前まで切る。なんてことを言っている場合がありますが
血管がどこまで通ってるなんかわかんないよーーーー!!っていうのが本音です。

血管の手前や、付け根ぎりぎりまで切る必要は全くありません。
爪が床についてるなって思ったら、その部分だけ爪を切るのがベストです。

犬の狼爪(親指)は切りにくいですが、皮膚にあたるようなことがないならそのままでも問題なし。
皮膚に当たってしまうようなら、当たらない程度に少し切れば十分です。

全て切り終わって爪の角が気になる場合は最後にやすりを軽くかけると綺麗に整います。

爪を切る量は少なく、こまめに切れば出血するなんてことはありません。

心配ならやはり動物病院で切ってもらうのが一番ですけどね。

 

爪切りで暴れる犬は、どうやったらおとなしくなるの?

爪切りで大暴れされると、時間もかかるし、手元も狂いそうだし、困りますよね。

大人しくしてもらう方法として、一般的に言われているのは犬を高いところに乗せるということです。

病院の台や、トリミング台も高い位置に作られていますよね。

それでも飛び降りようとする犬や、大暴れする犬もいます。
そういう犬には2人がかりで爪切りをしましょう。

爪を切るときの注意としては、犬から見えない位置で爪を切ること。
前足は後ろに折り曲げた状態で切るのがいいです。

そして、犬が不安にならないように声をかけながら切ると安心すると思いますよ。

爪を切られる犬も、切る人も慣れが大切です。
人は、素早く爪切りをできるようにすること。
犬には爪切りは怖いものではないということをわかってもらえるように回数をかさねましょう。